Entries

映画のやられキャラ くノ一忍法帖II 聖少女の秘宝 「ジュスタお笛」

くのいち0
掲示板の方に投稿されていて、以前から気になっていた
くノ一忍法帖II 聖少女の秘宝のTV放送が先月あったので、
大友忍者のお笛(演:水野美紀)の紹介です^^



【あらすじ】:隠れ切支丹の秘宝の謎をとく5つの鈴をめぐって、それを守る切支丹派くノ一とお家再興のために強奪せんとする天草派忍者。しかし、それらの鈴は5人のくノ一の胎内に隠されており、取り出すには処女を奪う以外に方法はなかった。かくして、奇想天外な秘術の数々が繰り出されることに・・・。
ファミリー劇場HPより転載


という事で、お笛は胎内に鈴を隠した5人のくノ一の一人で、
隠れキリシタンの秘宝を狙う松平伊豆守派の忍者天草扇千代(山口健次)らとの戦いですでに3人くノ一が命を落とした状態での登場します

くのいち01
扇千代一行を木の上で待ち伏せをしたお笛は
矢による奇襲で隙を突き、仲間たちの奪われた鈴と、

くのいち02
鈴の在処を示す魔術の十字架を奪って逃走します

そして

くのいち03
番傘を使った忍術で追って来た秦卍丸を

くのいち03-1
撃墜し

くのいち03-2くのいち03-3くのいち03-4
斬り捨てるという活躍を見せますヽ(*'0'*)ツ

しかし、戦っている内にもう1人の追手の杢兵衛に追いつかれ

くのいち04-1
杢兵衛と戦いますが

くのいち04-2くのいち04-3くのいち04-4くのいち04-5
刀で貫かれ

くのいち05
死亡してしまいました><

くのいち05-1くのいち05-2くのいち05-3
お笛の胎内から鈴を奪って立ち去る杢兵衛ですが

くのいち06くのいち06-1
自分を倒した相手を網膜に焼き付ける忍法によって

くのいち06-2くのいち06-3
鈴を持っている事を知られ、最後のくノ一によって倒される事になります
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://aricnia.blog122.fc2.com/tb.php/878-c3fd46c8

0件のトラックバック

9件のコメント

[C2069]

敵と互角並の強さを持ちながら、倒される時の、か弱い女の表情を見せながら無念の絶命を遂げるシーンに感動しました。
くの一のやられシーンは、あずみのこずえみたいなやられが一番好きで、お苗の絶命した表情がこずえの絶命した表情に、似ていたので(死んでいても、画像編集すれば生きていそうな顔色)脳裏に焼き付きました。
他のくの一の、やられシーンもみてみたいです。
  • 2014-11-07
  • 杉山元太郎
  • URL
  • 編集

[C2071]

わたしも、あずみのこすえは時代劇のくノ一で一番好きかも

他のくの一のやられシーンは
描写が直接的だったり、絶命シーンがカットだったりで載せづらいですが、絶命シーンがある子はそのうち載せるかもです
  • 2014-11-08
  • アリスリア
  • URL
  • 編集

[C2072]

返信ありがとうございます。
こずえの話になりますが、こずえって新人くの一なのに、なんか強そうな雰囲気出していますよね。
でも、確か、敵の男性忍者一人に苦戦して仕舞いには、ながらに助けてもらっていましたね。
栗山さんには、そういう役が似合わない気がするのですが…(もしかして、あずみらを騙す為の作戦なんでしょうか?)
新人くの一だから、いろいろな情報も聞けて(あずみとながらの弓の話など)、真剣に吸収して成長とする姿は、可愛く感じられたので、ひょっとしたら悪役じゃないのかなと思ったのですが…
結局、こずえは幼い頃から、スパイとして伊賀に潜入していて、誰にも気付かれずに作戦の時を待ってる敵のくの一だったので、ああまた死ぬ役かと思いました。
こずえはながらを不意討ちで殺し、その時が初めての殺しだっていうのも、理解出来なかったです。
栗山さんって、あの映画の中では、確か、ながらと護衛の人の合わせて4人しか殺してませんよね?しかも、みんな不意討ちで。ながらを殺して、手紙を見てから、新人らしく調子に乗っちゃったんですかね?
あんなにばれやすいところで、あずみを殺そうとするのも無理があったんじゃないんですかね?(事実、手紙の命令を無視して直接対決しちゃったんですけど…)
あずみなんて、護衛殺しそっちのけで、ながらについて聞いてるし…
こずえなんて、こっそり護衛殺さずに弓を射てばあずみ殺せたのに…
わざわざ、刀のリーチを補うために、護衛の刀奪って戦うなんて馬鹿なの!と思いました。
あずみなんて、同性のこずえに最後まで説得していたし(普通あんなことしたらああは、ならないでしょ。というか、未練なく殺してるし)なんか、ワケわからない。
こずえなんか、「それが、私の使命なのさ!」って言って絶命するし…
あずみとの対決も、無駄な動作多い。
あそこまで近づいてきて、ジャンプはない。避けられて当然。二回目の一太刀は、一回目の動作と繋がりがマルでないし…(あずみに完全に読まれてる。)一瞬だけ見えるこずえの渋い表情がもったいない。
あずみがこずえに顔を向けただけで、怯むし…
あずみの一太刀は、こずえの刀を弾き落とすか、腕を斬るくらいなはずだが…一閃してるし。こずえの三回目の一太刀なんて、映像止めてよく見ると、わざわざあずみに斬られるために、右寄りに刀を持ってるし。(こずえはしかも無表情)
刀を半分くらい降り下ろしているはずなのに一瞬だけ見える映像では、垂直に刀を挙げてるし…(あずみなんて、右腕だけで斬ろうとしてるし)
斬られるときも、腕の付け根当たりに刀がいってるはずなのに、横からだと、腹を斬られてるし。(その時の苦虫食った顔から、ウッ!!って顔が好きなんですが…)
仕舞いには、あずみとこずえの位置が反対になってるし…(後ろの小栗くんのつまらなそうな立ち方に、笑ってしまいましたが…)
なんか、よく見ると、不自然な殺陣だなと感じました。
殺陣の基本動作(1、2、3)で30秒以内に死ぬキャストはこずえが初めてだったので、三番目に載る名前の扱いにしては、ひどすぎるのではないかなと思いました。
他の敵は、CG等を使って派手に絶命しているのに、こずえなんて、CGはジャンプのところにしか使われず、消化試合感がにじみ出ていました。斬られたところを自らの腕で隠し、血を流していたはずなのに、こずえ最後のシーンは、刀を両腕で握りしめ、しかも一度血が流れた後が残っていたのに幻滅しました。
こずえの死体姿を三回も見せて頂き、しかも、三回目は別アングルから撮ってもらってありがたいし、こずえのはてた姿を髪の毛の乱れ具合で表す表現を見せて頂けたのは感謝しています。ですが、やっぱり、もうちょいなんとかならなかったのかなと思いました。
感情的な長文すみません。
読んでいただけるとありがたいです。
  • 2014-11-09
  • 杉山元太郎
  • URL
  • 編集

[C2073]

こずえは、忠誠心だけを植え付けられて送り込まれて、あずみの里で技術は習得したんじゃないかな~と思っています
死体のアングルが多いのは、栗山さんがやられ姿にこだわる女優さんだからっていうのもあるかも。
  • 2014-11-10
  • アリスリア
  • URL
  • 編集

[C2074]

わざわざ、長い文章を読んで頂きありがとうございました。
たしかに、そのような考え方もありましたね。
こずえって、なんか格好が地味にエロくないですか?
斬られる時の横姿を見て「太ももとエロイな~」と思いましたし、最初の護衛を斬ろうとする後ろ姿を見たとき、「お尻見えそう~」と感じました。
ところで、質問なのですが、こずえがあずみに斬られて死体になるまでの間に、一番好きなこずえの表情や姿がありますか?
  • 2014-11-10
  • 杉山元太郎
  • URL
  • 編集

[C2075]

短いっていうのもあるけど全部かな~
斬られてから、足をもつらせて前進する所も、絶命した時の表情も、すご~くこだわりが感じられます
  • 2014-11-12
  • アリスリア
  • URL
  • 編集

[C2076]

何度も返信してありがとうございます。
アリスリアさんは、特にこずえの地面に倒れる時の表情が好きなんですね。
私は、好きな所が3つあって、一つめに、「それが私の使命なのさ!」と言った時の表情です。
こずえの覚悟を決めた表情がかっこいいからです。
2つ目は、一瞬だけ映るあずみに斬られたこずえの表情です。
「イッ!!」で栗山さんは、首にシワをよせて、あずみに体を斬られている瞬間を再現していて、「ウッ!!」であずみに一閃されたこずえの表情を再現していて、一時停止ボタンを上手く押さない限り見ることが出来ないシーンに、全力を注いだと感じられたからです。
最後に、あずみの斬った顔から、こずえが地面に倒れ、絶命し、死体となって映る所です。
こずえが握りしめていた刀をゆっくりと下ろし、フラフラと前に歩き、遂に力尽きてドサッと倒れ、あずみが振り向くと、絶命したこずえが映るシーン。これは誰もが認めるシーンだと思います。
私は、こずえが絶命する直前に「そんな…」とか「む、無念…」と言って死んで欲しかったのですが、ある人のあずみ2の評価に、こずえの目付きと、斬られて無言で死ぬ所がよかったと書いてありますた。
理由に今の時代劇は、死ぬシーンが薄っぺらイと思っていて、こずえが絶命するシーンを見たとき、これが今の時代劇に欠けていると考えたそうです。
この文を読んだとき、私は、ハッとしました。私には、物足りないと考えていたシーンが、敢えて、無言で死ぬ事によって、こずえの死に重みをますということがわかりました。
さらに、栗山さんは顔を造るのが上手く、こずえの果たしたかった使命が儚くも、あずみに斬られた事によって、実現出来なかった(正確には、命令違反だが、高島さんに誉められたかった)表情を上手く表現していると感じました。
しかも、あのシーンの表情は、こずえはまだ虫の息ほどで生きていて、使命を果たせなかったのを出していているのか、もう立ちながら意識はなく、死んでいて、重力に逆らえずに倒れたのか、まだ私にはわかりません。
死体となったこずえの、脚をクロスした姿、これで見納めとなる太もも、ぐったりとした体、乱れて一部がこずえの顔にかかった髪、そのすべてが私には印象に残りました。
体隅々まで、「私は死体」感を、刀を握りしめていた手、地面につけた頭ににじみ出ていました。
刀を握りしめていた腕で隠れてはいるものの、斬られた所から流れ出る血が段々白い石の地面を染めることによって、あずみの心を現している(同性でこれから育つ人が、ながらを殺した裏切り者で、斬ったことで、ながらの仇をとったのと、こずえ迄敵のくの一だったのかと疑心暗鬼の心)と感じました。
こずえの死体のバックに流れる音楽と、流れ出る血の音が余計あずみの心を現していると感じます。
いきなり、たくさん血が流れ始めたのを見て、(こずえの背中を暫く見つめてから?)あずみは一人で行く!!と言ったのもやはりその心何ではないかと思いました。
あずみが刀についたこずえの血をはらって去ったあと、こずえをみると、流れ出る血が死体の回りを赤く染め上げ、風でも吹いたのか、顔にかかった髪が乱れていた所が記憶に刻み付けられました。
かなり熱くなって書いてしまいました。
お読みいただけると幸いです。
  • 2014-11-12
  • 杉山元太郎
  • URL
  • 編集

[C2462] ヤラレのバイブルです。

5年前に初めてこの作品を見て、はまって以来、R18のゲームが買える年齢になったりして、手を出した作品も多種有りますが、今でも、対戦相手は、その時の押しで変わるにしても、死体になった自分が、殺られた相手に足を開かされ、膣に指を入れられる妄想をします。恥ずかしながらヤラレの〆に殺られた相手に、指を入れられないと物足りない感じさえして原作より念入りに調べられる妄想までしています。
エイトドッグスを見たら、コメントをしたくなったので書き込ませていただきます。
  • 2017-08-13
  • ふるーてぃf
  • URL
  • 編集

[C2466]

ふるーてぃf さん
初めてはまった作品がずっとって、よっぽど好みと相性が良かったのですね。でも、わたしも初めてこれを見た時は、同じような妄想を何度もしたので解るかも(*ノノ)キャ
  • 2017-08-13
  • アリスリア
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

アリスリア(orアデイル)

Author:アリスリア(orアデイル)
アニメでは
かっこいい、スタイリッシュなアクションと、倒される事で主人公を引き立てて、美しく(orセクシーに)散る事で自分も引き立つ美少女悪役大好き!
その他にも、大好きなダークヒーローのパートナーに感情移入しちゃったり、死んでしまう役に憧れたり、囚われのヒロイン・お姫様抱っこをこよなく愛する変な子かも

リンクフリー、TB歓迎
相互リンク募集中です

FC2カウンター

はむすたーがユニークカウンター くまたんがトータルカウンターです(*^-^)ゞ

ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる